交通事故の慰謝料の不当な請求を避けるために


自動車を運転する人には、交通事故に遭いそうになったり、あるいはもう遭ってしまったという人が多くいるものです。

この交通事故の際に必ずと言っていいほどつきまとってくるものが慰謝料の問題です。

慰謝料は、精神的損害を被った相手に対して支払われる損害賠償金のことです。精神的損害にあたるものには、自動車など所有物の破損、損傷など財産的損害に対する概念に当てはまる事物が対象なので、肉体的苦痛や悲嘆などの精神的苦痛もこれに該当します。

交通事故の際、加害者側に不法行為があれば、身体への損害、自由や名誉の侵害などに限定されず、不法行為全体に対して精神的損害がある場合、慰謝料を請求できるようになっています。ですが、所有権などの財産権の侵害に対しては、基本的に精神的損害は無い、またはあったとしても財産の損害分の賠償金を支払えば十分という考え方があるため、原則として慰謝料は認められないようになっています。

この慰謝料の問題は示談など、加害者側と被害者側が裁判所などを利用することなく、内々に解決しようとすると、スムーズに事が運ぶこともありますが、そうでない時もあります。加害者側が支払う必要のない金額を請求され、払わされる場合もあるのです。

そういった不当な請求を避けるためにも、裁判所や弁護士、警察など専門家に立ち会ってもらうことがとても大切です。