基準によって大きく変動する交通事故慰謝料

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故交通事故の慰謝料は、自賠責基準、保険会社独自の基準、弁護士基準によって慰謝料の金額は大きく変動します。このことを知らないと、慰謝料を請求するときに、大きく損をしてしまう結果になってしまいます。そうならないためにも、早い段階で基準を理解し、正しく請求をされることが望ましいでしょう。

慰謝料を請求するのに「なぜ基準が複数あるのか」と疑問に思う方もいるでしょう。大きく違いがあるのは、自賠責基準はどのような方であっても一定の補償を、強制保険で自動車の車検取得時に設けているため、その金額で補償される基準が一般的な最低限の補償となっています。その後、保険会社独自の基準と、実際に判決となったときの弁護士基準があります。

慰謝料に関して、もし正しく最も高額の請求をするのでしたら、弁護士基準で請求することが間違いありません。しかし、なかなか保険会社は、個人から「弁護士基準での請求」に応じるように連絡しても、実際に応じるケースは稀でしょう。そのようなことを考えるのでしたら、専門的な知識やわずらわしさなども含めると、弁護士に一任する、ということも一つの選択肢として検討をされてみることをおすすめいたします。最も高額となる基準で請求することは一つの方法です。