慰謝料は正しく請求すればもらうことができる

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

円マーク交通事故や、犯罪に巻き込まれ、精神的にひどい思いをされる場合も少なくないでしょう。しかし、実際に犯罪の被害者になってしまったとき、何から初めてよいか具体的に知っている方は少なくありません。当サイトは「犯罪被害に遭ったとき」に正しい慰謝料を受け取るために、具体的な方法をご紹介しています。

慰謝料に関しては、判例によって具体的に日額、どの程度の金額になるのか明確に記載されている場合もあれば、実際に被害に応じて支払われる場合など、状況によって金額が違います。また、軽微な怪我の場合には示談によって、通院費や休業損害と慰謝料が合算して支払われしまうこともあります。交通事故の場合には、自賠責基準や保険会社の独自の査定、弁護士基準によっても金額が違う点が特徴となっています。

慰謝料は、実際に目に見ることができないため、どの程度の請求が可能なのかを立証することが難しい場合が少なくありません。また、法的に知識がない方ですと、実際に何からはじめれば請求権が発生するか、ということを知らないままになってしまい、本来であれば、慰謝料を請求する権利があるにもかかわらず、そのまま放置してしまっていることなども予想されます。慰謝料に関しては、正しく請求することによって、自分の「権利」を守ることでもあります。もし、犯罪や事故の被害にあったのであれば、そのまま放置せずに、慰謝料の請求を専門の法律家に相談するか、請求の手続きを調べてみると良いでしょう。